【訴訟】ファーウェイが『余計なもの』報道に反論~スパイウェア搭載は事実無根として裁判に向け手続きを進める~

Pocket

【訴訟】ファーウェイが『余計なもの』報道に反論~スパイウェア搭載は事実無根として裁判に向け手続きを進める~

 

ファーウェイが「スパイウェア報道は事実無根」と反論、裁判へ

「ファーウェイのハードウェアから余計なものが見つかった」

「ファーウェイのスマートフォンにはスパイウェアが入っている」

などの報道が国内メディア各社から相次いでいることを受け、ファーウェイはこれらの報道は事実無根であり、法的手段に訴えると発表しました。

 

 

「(ファーウェイの)製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」・・・とフジテレビ系列は報道

フジテレビ系列の報道番組では、ファーウェイの製品について

「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」

「ネットの閲覧履歴情報を盗める悪質なソフトウェアがみつかった」

などと報じており、これがファーウェイの逆鱗に触れた模様。

 

 

 

ファーウェイのスマホに『余計なもの』なんてなかった・・・EETimesなどが報じる

フジサンケイによるファーウェイの『余計なもの』報道に対して、スパイウェアの混入が本当にあるのかどうか、外部のハードウェア研究者テカナリエがEETimesなどで報じています。

この方、自腹でファーウェイのスマホやSupermicroのサーバーなども購入して分解しているらしく、すごい根性です・・・頭が下がりますね。

Supermicroのスパイチップ騒ぎにNardelloが「シロ」判定~ファッショを煽るBloomberg~

 

 

 

 

ファーウェイのスマホに『余計なもの』なんてなかった・・・

とりあえず、テカナリエによると、なにも「余計なもの」なんてなかったとのこと。

むしろ、世界中のハイエンド製品を山盛りてんこもりにしたスマホだったと、テカナリエは称賛しています。

それでいてiPhoneのハイエンド品よりも安い値段で提供しているファーウェイ・・・あっぱれじゃないですか。

個人的にも今度買い替える時はファーウェイにしようと思ってたんで、いい加減な情報でオミットするのはやめてほしいと本気で思います。

 

 

 

そもそもファーウェイの『余計なもの』を騒ぐ前に米国家安全保障局NSAによるドイツのメルケル首相盗聴事件はどうなったんだよ?

みなさんすっかり忘れてしまっているかもしれませんが、2014年、非常に大きな情報流出問題が世界中を震撼させました。

それは、元CIAの情報セキュリティ分野担当エドワード・スノーデン氏によるリークです。

NSA(米国家安全保障局)がドイツのメルケル首相を含む世界中の元首クラス、政治家などのケータイ、スマホなどを盗聴していた、というものです。

なお、この情報を漏らしたことでエドワード・スノーデンは米国から訴追されてしまい、現在はロシアに亡命しています。

ドイツ政府もこの問題を認識し、その後わざわざ数十万円もするセキュリティチップを搭載した特注スマホをメルケル首相に用意したとのこと。

どうでしょう?

アメリカは中国のことを言えたタチなんでしょうか?

 

 

結局、『余計なもの』はどこのスマホにだって入っている可能性

ぶっちゃけ、スマホなんて情報流出してなんぼなデバイスだと思います。

アメリカだって中国のことを言えたぎりじゃないはずです。

きっといろいろ盛り込まれています。

もっというと、昨今相次いでいるFacebookによる情報流出事件ですが、あれがもし中国企業がおこしたとしたら、米国はどういう反応を示すでしょう?

きっとセンセーショナルに煽るんじゃないですかね。

「ほらみろ、やっぱ中国は情報を流出させている。わざとやっているんだ」

ってね。

 

世界のメディアは、完全にファシズムに染まっています。

イラク戦争の時を思い出してみましょう。

なにも化学兵器なんてなかったでしょう?

なのに主権国家に侵攻して政権を転覆し、サダムフセインの首をとったのです。そして殺したのです。

(ちなみに、自分は当初から化学兵器の存在を否定的にみており、それを話していました。本当に化学兵器があると米軍が思うなら、この装備で侵攻はしないよ、と。でもほとんどの人がそれを信じてくれませんでした。そういう時代でした。)

 

 

アメリカが今やっているのは、この当時のやり口と同じです。

人々の恐怖を煽って、敵をやっつけてやれ、というやりかた。

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!    

しかし、イラク戦争のときに情報を信じすぎることの恐ろしさを知ったアメリカ人も多い。

メディアがファシズムに染まったとしても、ネットメディアや民間の知識人はファシズムに染まらないでほしいな、と思います。

以上です。