携帯大手3社がファーウェイ(華為技術/Huawei)排除へ~報復措置として狙われる産業は?二社寡占による価格高騰も?

Pocket

携帯大手3社がファーウェイ(華為技術/Huawei)排除へ~報復措置として狙われる産業は?

 

国内携帯大手3社がファーウェイ製基地局設備などを排除

国内携帯電話大手3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)が基地局設備からファーウェイ(華為技術/Huawei)やZTEなど中国製の製品を排除する方針と共同通信が報じています。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!   

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)は5G基地局の最有力候補

ファーウェイ(華為技術/Huawei)は通信設備業界ではエリクソン、ノキアとシェアを分け合う存在。

とくに5G技術ではファーウェイは最有力候補で、日本でもソフトバンクと導入に向けて調整、ドコモとも研究開発にむけて提携していました。

こういった取り組みが、今回の決定でパーになります。

また、ノキアやエリクソンにとっては市場を寡占化できることに繋がり、非常に有利な状況になります。

ノキアとエリクソンが西側の5G網構築を独占か?

ただ両社とも、ファーウェイに比べると5Gの技術開発が遅れているとされており、この点で各国の5G開始にも影響してくる可能性が出ています。

 

 

 

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)排除の裏にアメリカの圧力

アメリカは日本や欧州に対し、ファーウェイなど中国系企業の通信機器を導入しないように圧力をかけていました。

米国がHuawei(華為技術/ファーウェイ)製通信機器の使用排除を同盟国に要請

中国の通信機器を導入すると安全保障上の問題があるためとのことですが、その根拠は明確には示されていません。

非関税障壁のようなものを曖昧な根拠で導入することになりmす。

 

 

ファーウェイの孟晩舟CFOが、米国による対イラン制裁違反でカナダで逮捕

ファーウェイの孟晩舟CFOが米国による対イラン経済制裁違反を理由にカナダで身柄を拘束される事件が発生しています。

華為技術(ファーウェイ/Huawei)の孟晩舟CFO(英語名Cathy Meng)、カナダで拘束される~対イラン制裁に違反か?

なお、この件に関しては、アメリカが禁じている行為を行ったというだけで、カナダの法律をおかしたわけではないようです。

(対イラン金融制裁はアメリカ独自のものです)

それなのに身柄が拘束され、アメリカに移送されることが法的に可能なのかどうか、是非が問われています。

 

 

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)の排除を総務省が要請か

日本政府は政府との取引がある業者に対し、ファーウェイ(華為技術/Huawei)など中国の製品を排除するように要請したとのことです。

今回の決断はこれを大きく上回る全体での納入排除ですから、かなり大きな決断で、影響も広範囲に及ぶことが予想されます。

 

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)排除の報復措置はある?

ファーウェイ(華為技術/Huawei)の排除は非関税障壁と同じであり、以下に安全保障上必要といっても、中国側としては納得のいくものではないでしょう。

中国にとってもファーウェイは虎の子ですから、ここが叩かれることには敏感に反応してくる可能性があります。

ファーウェイ(華為技術/Huawei)排除は、報復として日本の産業が中国側から報復措置をとられるリスクもありうると思います。

 

 

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)排除で、日本の自動車が報復される可能性?

通信を巡る米中の対立は、自動車を巡る日米の摩擦とかぶります。

日本がファーウェイを排除したことで中国から報復措置を受けるとしたら、そのターゲットはやはり自動車産業ではないかと思います。

とくに、ここもと好調なトヨタは狙われる可能性があるのではないかと懸念しております。

 

米中貿易戦争の影響で米国外の自動車関税は引き下げられており、トヨタは恩恵を受けています。

レクサスの関税が下げられたことで中国販売が伸びており、業績の下支え効果を発揮しています。

ここに何らかの対策が打たれる可能性も考えておいた方が良いと思います。

 

 

ファーウェイ(華為技術/Huawei)排除で日本の通信料金は下がりにくい可能性

5Gの通信網には今までよりも遥かに多くの投資が必要といわれています。

この件に関しては以下の記事でも書きましたが

5Gは超高信頼低遅延URLLCがキモになる

よりネイティブな5G環境を作ろうとした場合、エッジ側に多くの設備を導入する必要があるわけです。

現状、5G通信設備業界がファーウェイ、ノキア、エリクソンで寡占化されていることは上で書きましたが、この寡占状態のなかでファーウェイが排除されたとなると、ノキア、エリクソンのみでほぼ独占することになります。

ほとんど二社独占状態です。

これで価格上昇しないはずがありません。

非常に問題が大きいように思います。

ノキアとエリクソンが西側の5G網構築を独占か? 9月12日の記事です。

3カ月前に懸念した事態に、ますます近づいていっています。

これで損をするのは、消費者です。

得をするのはノキアとエリクソン、そしてそれと提携している富士通でしょうか。

なお、サムスン電子はNECと提携して5G網の構築に乗り出すのとのことですが、こちらはかなり未知数です。4Gで導入例が多くないので。

 

とりあえず、ファーウェイの排除はいろいろと厄介なことになると思います。

以上です。

 

クリック!にほんブログ村 株ブログへクリック! クリック!